富山県で刀剣・日本刀の買取を頼むなら刀剣買取王

富山県に関連する刀剣・日本刀の特徴

富山県の日本刀①

富山県では「住東叡山忍岡辺長曽袮虎入道 寛文拾一年二月吉祥日」と呼ばれる刀が重要文化財として登録されています。長曽袮乕徹は元来は甲冑師であり鉄の扱いに長けていたため、武用に適う強靭性に富む作品を生み出した。江戸時代にはその切れ味からこぞって武士たちが注文したため非常に人気が高く、贋作もたくさん作られた。灯籠を真っ二つに切ったという逸話やあの新選組隊長近藤勇が所持していたという説が残っている。

本刀は寛文11年の同工大成期の作で、前期作と後期作の双方の良さを混在させて作刀した感がある。冴え渡る焼き刃と見事な地がねはさすが名工乕徹。竹塗鞘打刀拵(庄内拵)が付帯している。

富山県の日本刀②

富山県では脇指「無銘 正宗」と呼ばれる刀が重要文化財として登録されています。正宗といえば誰もが一度は耳にしたことがあるほど有名な刀工です。鎌倉末期を代表する相州の刀工で名声を極めた天才刀匠である。天下三作の一人として時の権力者たちに至極の一振として愛蔵された。本作は、太刀を後世に大磨上にしたもので、島津家旧蔵と伝え本阿弥光忠の折紙が附帯する。

富山県で日本刀売却したお客様の声

富山県富山市 K様

地元の秋水美術館を見学しに行ったとき、展示されていた刀と同じ名前の物が父の遺品にあったことを思い出し、刀剣買取王さんにお電話したところ、親切丁寧な説明をして頂きました。
郵送にて買い取っていただきましたが思わぬ高額査定にびっくりしました。
詳しい査定の詳細も教えてもらうことができたので、安心感もあり対応が良かったので、ここだったら信用しても良いと考えそのまま買取をしてもらいました。
扱いに困っていた日本刀を処分でき、思いがけない臨時収入もあったので満足しています。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます