石川県で刀剣・日本刀の買取を頼むなら刀剣買取王

石川県に関連する刀剣・日本刀の特徴

石川県

石川県エリアの有名な刀匠について

石川県には白山市(現在松任市)出身の隅谷正峯という有名な刀匠がいました。全日本刀匠会理事長や財団法人日本美術刀剣保存協会の理事を歴任され、昭和56年(1981年)には人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されています。大学卒業と同時に有名な刀匠の桜井正幸に入門しており、独立してからは広島県尾道市にある興国日本刀鍛錬所で力を発揮していました。

その後は、日本刀鍛錬所傘笠亭を石川県の松任市で開き、多くの作品を手掛けてきたという歴史があります。地鉄の研究にも熱心であることで知られており、正倉院蔵刀子や四天王寺蔵刀剣類を参考にして小刀や刀子を研究しながら制作を続け、鎌倉時代の備前刀を得意とするようになりました。

隅谷丁子と呼ばれる独自の華麗な丁子刃文を完成させています。数多くの刀をつくり上げており、新作刀に与えられる最高賞である正宗賞を3度も受賞しており、伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀の制作も行ったことで有名です。

石川県エリアの有名な日本刀について

日本の国宝に指定されている、鎌倉時代につくられた粟田口吉光の作 剣「白山吉光」(はくさんよしみつ)は石川県白山市の白山比咩神社が所蔵しています。
徳川家光の養女にあたる阿智子が、加賀藩4代藩主である前田光高に嫁いだ際に持参したもので、1657年(明暦3年)母である清秦院が死去した際に、加賀藩5代藩主前田綱紀が母の冥福を祈って白山比咩神社へ奉納したものです。

白山吉光は両鎬、両刃造、平肉豊かな姿良く、地刃の出来が短刀と比較すると一段と沸強く冴えており、吉光作品の中でも非常に優品であるとされていることを知っておきましょう。頭張らず平肉の豊かな姿をしており、地鉄は小板目が詰んでいて地沸が細かくつき、地景が入っています。刃文は直刃に小足よく入っている点が特徴的です。

このように、石川県では有名な刀匠がつくった刀剣や日本刀などが発見されており、これら以外にも価値がある刀剣や日本刀がいくつか発見されています。価値のある刀剣や日本刀が石川県で発見されていることを知らない人がとても多いと言えるのですが、実際には複数の歴史的や芸術的、学術的価値のあるものが見つかっていることを知っておくと良いです。そのため、ここで発見されたものは価値の高い刀剣や日本刀である可能性があることを理解しておきましょう。

石川県で日本刀売却したお客様の声

石川県金沢市 K様

私の先祖は江戸時代まで武士だったこともあり家には日本刀が沢山あったのですが、こういったものは保管をするのは難しいので思い切って売却することにしました。
そこで住んでいる石川県金沢市にある会社を探したところ出張買取を行っているところがあったので連絡をしたのですが、スタッフの対応がとても良く直ぐに来てくれたので助かりました。
どのような感じで買い取ってもらえるのかはじめは少し不安に感じていたのですが、しっかりと鑑定をしてくれて予想以上の高値を提示してもらえたので喜んで売却することにしました。
ご先祖さんが持っていた日本刀を売却することに対しては少し後ろめたい気もしたのですが、私では保管することができないので専門の会社に買い取ってもらって良かったと思っています。

石川県白山市 M様

実家の建て替えで、昔からある物を整理していたら開かずの土蔵を開けたら何本も日本刀が出てきました。永年土蔵で放置されていたので、錆が酷くて買取は無理だとネットを検索していたら、錆びた日本刀でも相談下さいと書かれている骨董品の買い取り専門業者を発見しました。ダメ元で電話で問い合わせたら、無料の出張鑑定をしてもらえる事になりお願いしました。錆びた古い日本刀なので、全く査定額を期待してませんでしたが、1本ずつ丁寧に時間をかけて鑑定してもらえました。数本は完全に錆びていて、劣化が酷くて買取不可と言われましたが、残りの数本は歴史のある名刀で予想以上の高額査定がでました。その場で家にいた家族と相談しましたが、置いて置いたら錆びて価値が無くなるので、初回10%上乗せも利用して買い取ってもらいました。

石川県小松市 M様

家の建て替えで、亡くなった祖父の部屋を片付けていたら、時代劇に出てくるような立派な日本刀が出てきました。これはお宝かもしれないと期待して、信頼できる鑑定で価値を査定して、高かったら建て替えの資金の足しにしようと考えました。日本刀は嵩張るので郵送鑑定は無理だと言ったら、写真画像を送ったら出張査定に来てもらえる事になりました。鑑定人担当の方は、その場で手袋をして日本刀の銘や状態をじっくりと鑑定して、鞘や柄の状態も見てました。その後状態のいいレプリカと鑑定結果が出て、日本刀そのものよりも鞘と柄の加工に価値があるといわれました。置いておいても法律違反にならず、錆びる心配もないと言われましたが、建て替え予定の家に飾る場所が無いので買い取ってもらいました。

石川県加賀市 S様

昔から代々伝わってきたという貴重な日本刀を所有していたのですが、特に飾るわけでもなく箪笥の隙間に放置している状態だったので、このままでは非常にもったいないと考え売却することを決断しました。今まで家宝を売りに出したことは一度も無かったので一体どれくらいの値段で買取してもらえるのか分からないままでしたが、利用した買取店は非常に親切丁寧な対応を行ってくれたので、初心者でも分かりやすく説明を行ってくれるなど安心感が抜群でした。いつ製造された日本刀なのかをしっかりと説明してくれましたし、古傷やシミなどが原因で買取価格が下がってしまったことなどを包み隠さずに教えてくれたので、詳細も分かりやすかったですし凄く納得のいく売却ができたと嬉しい気持ちでいっぱいです。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます