当麻派

当麻派 当麻派は二上山の麓の北葛城郡当麻が故地で、ここに隣接する興福寺・一乗院の末寺である当麻寺に属していたと思われる。当麻「たえま」とも「たいま」とも呼んでおり、始祖が鎌倉末期の正応頃の年代と伝える国行である。 その門

当麻国行

当麻国行 当麻派は二上山の麓の北葛城郡当麻が故地で、ここに隣接する興福寺・一乗院の末寺である当麻寺に属していたと思われる。当麻「たえま」とも「たいま」とも呼んでおり、始祖が鎌倉末期の正応頃の年代と伝える国行である。その門

長有俊

長有俊 有俊は大和国当麻派の刀工で、初代は二字銘をきり、時代を文永頃と伝えており、実在するものに永仁六年紀の作がある。長有俊三字銘に切る作は二代とされており、時代が建武頃で、長の字を小さく、有俊の二字を大きく切る。 長有

千手院派

千手院派 千手院派は奈良の若草山の西山麓の千手谷付近にあった僧院(東大寺系とも興福寺系ともいう)に属した一派といい、大和五派中でも最も発祥が古く、伝書類鑑では平安末期に行信と重弘を祖とする二つの流れの系譜を挙げています。

千手院

千手院 千手院派は奈良の若草山の西山麓の千手谷付近にあった僧院(東大寺系とも興福寺系ともいう)に属した一派といい、大和五派中でも最も発祥が古く、伝書類鑑では平安末期に行信と重弘を祖とする二つの流れの系譜を挙げています。然

龍門延吉

龍門延吉 延吉はは大和物然とした渋い直派出来がある反面、地映りの立つ地がねに丁子の目立つ賑やかな乱刃を焼き備前気質の現れた作もあって異色の刀工である。これら数少ない有名作に比して無銘作で千手院と極められたものは比較的多く

長谷部派

長谷部派 南北朝時代に相模国の広光や秋広とほぼ時を同じくして皆焼という賑やかで豪華な作風を展開したのが山城国の長谷部派です。皆焼とは通常の沸出来の乱刃に加え地中に飛焼や湯走りを交え、さらに棟もさかんに焼くなどした動勢に冨

長谷部国重

長谷部国重 長谷部国重は南北朝期を代表する山城国の名工として知られ、正宗十哲の一人と伝えられています。作風は前時代までの京物とは趣を異にし、相州風の皆焼や大乱れの刃文を焼き、同時代の相州鍛冶、広光・秋広に似通ったものです

長谷部国信

長谷部国信 長谷部国信は兄の長谷部国重と共に南北朝を代表する山城国の名工として知らる。作風は作風は前時代までの京物とは趣を異にし、相州風の皆焼や大乱れの刃文を焼き、同時代の相州鍛冶、広光・秋広に似通ったものですが、長谷部

包平(古備前)

包平(古備前) 平安時代後期から鎌倉初期頃にわたって古備前派が栄え、友成と正恒がその双璧である。 正恒は一派を成していたものの如く、「恒」の字のつく刀工が他にも見られる。古備前には数多くの刀工がおり、銘鑑にその名をとどめ