日本刀が錆びてしまった場合の対処方法

日本刀が錆びてしまった場合の対処方法

錆びてしまった場合の対処方法

ひとたび錆が発生すると、どんどんと広がっていき、日本刀の美術的価値を大幅に下げてしまいます。日本刀が錆びてしまった時はできるだけ早めに対処することが大切です。大切な日本刀を守るため、錆びてしまった時の対処法を紹介しましょう。

日本刀の錆の落とし方(応急処置)

やはり一番の対処方法は日本刀専門の研師に依頼して研磨してもらうことです。素人が下手に錆を落とそうするとかえって日本刀の状態を損ない、美術品の価値が失われてしまいます。現状を維持して、日本刀を扱う専門業者さんか日本刀専門の研師にご相談されることをおすすめします。

おすすめはできませんがどうしてもという時の応急処置として、軽い白錆や赤錆であるならば、錆びてしまった日本刀の錆を自分で落とすことができることもあります。まず紹介するのは、「打ち粉」を使った錆を落とす方法です。最初に、刀身に付いている古い油や汚れなどを拭き取りましょう。

そして、お手入れ専用の粉である打ち粉を使用します。打ち粉を打って磨き、1回で取り除くことができなければ、2~3回打ち粉を打って磨いていきます。強く擦りすぎると、大切な日本刀に余計な傷をつけてしまうこともあるので、気をつけなければなりません。打ち粉の種類によっても効果が異なるため、なるべく品質の高い打ち粉を使うことを心がけましょう。

打ち粉で思ったような効果が得られない場合は、メタルクリーナーを使うという方法もあります。メタルクリーナーを洗浄面へ塗布し、かるく拭き上げてください。研磨剤が配合されているメタルクリーナーを使うと、傷をつけてしまう可能性があります。研磨剤が入っているメタルクリーナーは使用せず、そして布ではなく綿棒を使って軽く擦り、錆を落とすようにしてみてください。

上記の2つのやり方は、強く擦ったりすると刀身に傷がつく危険性があり、日本刀の価値を下げてしまう要因になります。怪我を避けるため、そして日本刀の価値を下げることのないように、優しく丁寧にお手入れすることが大切です。また、今後も日本刀を大事に保管していくならば、錆を対処しただけで終わりにせず、必ず日本刀専門の研師に依頼して研磨してもらいましょう。

それと錆びないように保管することも大切です。

日本刀を錆びさせないためのコツ

日本刀はデリケートなため、そのままの状態にしておくと錆びてしまったり、ヒケや傷つく場合があります。

日本刀を守るために刀剣油を塗っておきましょう。刀剣油は薄くむらなく塗るのがベストです。刀剣油は水をはじく性質があるため、塗っておくことで錆防止になります。ただ、油は徐々に酸化し、酸化した油は刀を保護する役目を失い、逆に金属に悪影響を及ぼすようになります。

そのため、刀剣油は定期的に塗り替えるようにしなければなりません。刀剣油の上から塗るとベタベタを増幅させるので、まずは古い刀剣油を拭き取り、表面に新しい油でコーティングするようにすることが大切です。必ず刀剣専用の刀剣油を使用して下さい。

また、日本刀を保管する時はできるだけ湿気の少ない場所に保管しましょう。金属というのは、水と酸素が結合することにより腐食され錆が発生します。そのため、日本刀の保管場所は、できるだけ湿気が少なく、風通しの良い場所が適しています。押し入れなど、どうしても湿気の多い場所にしまわなければならない時は除湿剤と一緒に保管しましょう。そうすることで湿気を取り除き錆びの発生を防いでくれます。この時、絶対に防虫剤は使わないで下さい。気化した科学物質によって日本刀が錆びてしまいます。桐は水分を吸収してくれるので湿気から日本刀を守ってくれます。
桐箪笥・桐箱などがあると保管場所としては最適です。

他には、刀身に手あかがついていたり、鞘の中が手脂で汚れていたりすると錆がつきやすくなります。手には塩分が含まれており、塩に含まれるナトリウムは水を引き寄せる性質があるため、日本刀を錆びさせる原因になります。

それと一番気をつけないといけないのが唾液です。人間の唾液は酸が強いため日本刀を溶かして、クレーターのような深い黒い錆となってしまいます。この錆は研磨しても取り除くことは不可能です。日本刀の取り扱いに慣れるまで、日本刀を触る時は唾が飛ばないようにマスクをして、素手で触るのではなく、手袋などを着用し手についている汚れをつけないようにすることも一つの方法です。

刀を触る時は素手で触るのではなく、手袋などを着用し手についている汚れをつけないようにすることが大切です。

錆がある日本刀は価値が下がる?

日本刀は美術的価値も高く、ファンも多いので品物によっては高値で買い取ってもらえることもあるでしょう。ただ、日本刀に錆が発生してしまうと価値が下がり、査定金額も安くなってしまいます。そのため、愛情をもって正しくメンテナンスし、美術品としての価値をキープすることが大切です。

僅かな錆ができた程度ならば、上記の方法を試して錆を取り除くことで高く売却することができます。しかし、自分で手入れする場合、刀身の表面を傷つけしまうと大きく価値を下げてしまうことに繋がります。刃の表面には刃文があり、刀身の刃につけられた模様を錆と一緒に削ってしまえば、美術品としての価値を大きく落とすことになるのです。キレイに錆を落とす自信がないのであれば、やめた方がいいと言えるでしょう。

日本刀には、錆を落としたり、磨き直したりしてくれる職人があるので、不安ならばそちらに依頼するのが無難です。職人に依頼して錆を落としてもらえば、日本刀の価値を落とさずに売却できるできるでしょう。ただ、日本刀の研磨は非常に高い技術を要求するため、高額の費用が掛かってしまいます。職人に依頼する料金の方が日本刀の買取額より高ければ、本末転倒です。日本刀を売りたい場合は買取の専門店を訪れるのが一番おすすめです。買い取り専門店は研磨職人とつながりがあることが多いため、安価に磨いてもらうことができます。研磨の見積額と買取査定額を比較し、比較して判断するのがベストです。

まとめ

錆びてしまった日本刀は見栄えが悪く、査定金額が大幅に下がってしまう可能性もあります。錆を放置するとが広範囲にまで広がり、修復する箇所が増えてしまいます。錆の状態を確認し、自分でケアするのか業者に頼んで落としてもらうのかを決め、早めに錆を落としましょう。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます