室町時代における日本刀の価値・値段の相場は?

室町時代における日本刀の価値・値段の相場は?

足利氏によって栄えた室町時代は、武家と公家の文化が混ざり合いつつも洗練された伝統を生み出しました。文化の特徴としては三大将軍義満による華やかな「北山文化」と八代将軍義政による侘び寂びの「東山文化」が有名ですが、その中でも日本刀はどのような役割を果たしていたのでしょうか。
今回は室町時代での日本刀の価値について、ご紹介いたします。

室町時代の当時の日本刀の価値

日本刀は時代の流れに合わせ、その姿と需要を大きく変えてきました。時代区分で考えた場合、南北朝時代は室町時代に含まれがちですが、刀剣等に関しては別の時代としてとらえる事が一般的とされています。

室町時代初期の日本刀は身幅などのバランスが良く、優美な姿が特長です。当時の太刀姿には武家政治の盛期である鎌倉時代の風格がありますが、戦乱の世に好まれた実戦向きの大太刀ではなく、その後の平和を表すとも言える美術価値の高さが求められました。平和により国内での刀剣の需要は減少しましたが、将軍義満はこれらの刀を大量生産し、明への主要輸出品としています。その目的は当時日本では鋳造されていなかった銭貨の輸入であり、結果として義満は多くの銭貨を日本国内に流通させることに成功するのです。

しかし室町時代後期には束の間の平和も終焉を迎え、日本刀は最も武器として本領を発揮する時代を迎えます。やがて応仁の乱によって戦国時代に移り変わっていく中で、刀剣の需要は膨大に高まりました。その結果、品質の低い「数打物(かずうちもの)」が大量に出回るようになったのもこの時代の特徴です。また鉄砲が日本に伝来した事により戦のスタイルが変わり、一対一の馬上の打ち合いから足軽を駆使した集団戦闘に切り替わっていきます。その中で鉄砲の威力に耐えうる甲冑の強化を始め、刀剣も長時間の戦闘を見越して従来の身幅を広くした両手で握る刀 から片手で握れる片手打ちの刀表れてくるのです。

室町時代の当時の日本刀の値段相場

室町時代初期の刀工には長船正光などが有名ですが、この頃から刀剣のランク付けが行われるようになります。当時から安土桃山時代頃に成立したとされる天下五剣は5振の名刀の総称であり、「童子切安綱」「鬼丸国綱」「三日月宗近」「大典太光世」「数珠丸恒次」はあらゆる時代の武将達にとって非常に価値のあるものとして受け継がれてきました。これらの名刀が作られた時代は平安など様々ですが、中には実戦で使用されずに仏教と深くつながったものも存在します。天下五剣は現代においても歴史的な価値を備えた国宝・重要文化財等として大切に保管されているのです。

当時の武将にとって刀剣は戦いで使用するものではあるものの、歴史・美術的価値があると見なされた刀剣は主君からの褒章にもなり得ました。日本は古来より米などを年貢や俸禄として扱い、上流社会であっても物々交換が主流でした。やがて室町以降、銭貨の流通により刀剣も金銭を用いて売買がなされるようになっていきますが、貨幣や米などの価値に安定性がない時代ですので、当時の具体的な相場を知ることは難しいようです。

ただし戦国の頃には美術的価値のある刀剣を約10貫紋(現代で約60万円)ほどで購入する事が出来た様ですので、室町時代の武士も同様であった可能性が高いと言えるでしょう。ただし量産された「数打物(かずうちもの)」はその質から価値は認められず、戦に出向く足軽や農民兵への貸与品として扱われました。

現在の室町時代に造られた日本刀の値段相場

現代では日本刀に鑑定書というものが発行されるため、それによって本物か偽物かを判断することが可能です。特に「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」が発行する鑑定書が非常に重要視されていますが、刀剣の切れ味によってランクを表す「格付け」も理解しておくと、より歴史的な刀剣の価値を知ることができるでしょう。

「格付け」は全部で5ランク存在し、上から「最上大業物(さいじょうおおわざもの)」「大業物」「業物」「準業物」「なまくら」となっています。中でも最上位の「最上大業物」と分類される日本刀の値段は、現代ではなんと1千万円前後の相場となってきます。例を挙げると、室町時代の名工である和泉守兼定の刀は現代価格にして1,700万円ほどと言われます。もちろん刀として優れているのみならず、歴史的な文化財としての意味合いがあるからこその価格です。

対して戦乱の時代に量産された「数打物」の場合、その多くは後世の刀狩等で淘汰していきました。しかし現代まで残存したものに関しては、きちんとした手続きを踏めば刀剣ショップで購入することが可能です。その価格帯はピンキリではありますが、時代が古いものの方が相場が高い傾向にあるものの、状態の良いものでも50万~100万円前後で購入することも可能なようです。

近年はオークションなどで日本刀が出回ることも多く、比較的購入しやすい環境になっているかもしれません。しかしながら、前述の様に日本刀の価値はあらゆる角度から見ることが出来ますので、興味のある方は実際に刀剣ショップに足を運んで専門家の解説を聞いてみるのも面白いでしょう。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます