岐阜県で刀剣・日本刀の買取を頼むなら刀剣買取王

岐阜県における刀剣・日本刀の歴史・特徴

岐阜県エリアの名刀の紹介

岐阜県は美濃国として栄え、南北朝時代に入ると、相州正宗の弟子兼氏が移住して一門をなしたのをはじめ、越前敦賀から金重と弟子金行さらに越後から為継が来て栄えた。これらはいずれも相州伝の影響を受けた刀工たちである。さらに室町時代になると数多くの刀工が存在し、「関鍛冶七流派」が生まれ、備前に次ぐ刀工大国となった。

岐阜県の有名な刀の紹介①

岐阜県の有名な刀として最も知られているものは、孫六兼元と和泉守兼定(ノ定)である。関の孫六三本杉の名で知られる兼元は、代々「兼元」を襲名し、ほとんどの作に「兼元」の二字銘を切っている。中でも著名なのが二代孫六兼元である。三本杉の刃文は孫六兼元が独自に生み出したものである。兼定は室町時代後期以後、代々同名を継ぎ、二代目和泉守兼定は「定」の字の中を「之」にきることから「のさだ」と通称され、孫六兼元と並んで大業物としられている。

岐阜県の有名な刀の紹介②

岐阜県の有名な刀として志津三郎兼氏がいる。大和国(奈良県)で初め包氏といい手掻派の刀工であったが、相州正宗に弟子入り、相州伝を学び、志津三郎兼氏は正宗十哲にも上げられる名工になり美濃国志津に来住し一派をなした。その作風は相州伝を継承し、最も正宗の作風に近いとされている。

 

岐阜県で日本刀売却したお客様の声

岐阜県関市 H様

私の実家は代々続く包丁職人の家係であったため祖父・父・私と日本刀コレクションをしていたのですが、子供が女の子だっため受け継ぐものがおらず、家族から多すぎると指摘され、売却することに決めました。
非常に点数が多かったのですが、丁寧に鑑定をしていただけました。鑑定書が付いているものがほとんどが本物でしたが贋作も含まれていました、大量の査定をスピーディーに行ってもらえたので大変満足できました。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます