東京都で刀剣・日本刀の買取を頼むなら刀剣買取王

東京都における刀剣・日本刀の歴史・特徴

東京都エリアの名刀や有名武将の紹介

東京都に関連する武将と言えば、江戸幕府を開いた徳川家康が有名です。徳川家康自身は現在の愛知県の生まれであり、もともとは三河の国の武将でもありましたが、天下統一を成し遂げ江戸城を建立し、この地に幕府を開いたと言う功績から、東京を代表する武将として挙げられます。

現在でも東京は日本の経済や文化の中心地となっており、江戸時代以前続いていた関西至上主義を転換させたと言う功績もあるため、多くの人が東京を代表する人物とあげることも多くなっています。

この徳川家康が大切にしたと言われる名刀が、物吉貞宗です。短刀であるため実際に使用される事は非常に少なかったと推測されますが、家康がこれを持って出陣をすると必ず勝利するといった言い伝えもあり、非常に縁起の良いものと現在まで伝えられています。

イエスが亡くなった後は尾張徳川家の義直に贈られ、非常に大切に保管されているものとなっています。

東京都の有名刀匠の紹介

江戸国(現在の東京都)の名工と言えば、西の横綱と称される津田越前守助広・井上真改と共に東の横綱と称される長曽袮虎徹である。越前の甲冑師だった虎徹は50歳で江戸に出て作刀技術を和泉守兼重から学び、大成して新刀第一の名工と讃えられた。人気の故に偽物が非常に多い。

東京で現在最も著名な現代刀匠といえば、吉原義人氏の名前が有名です。曽祖父は吉原國家と言う日本の現代刀剣界きっての名称で、その技術もさることながら生み出される刀剣の美しさには右に出るものがないと言われるほどであり、また日本の刀剣界を取りまとめていた重鎮でもありました。

吉原さんの生み出す刀剣の特徴は、備前伝を得意として、非常にスマートで美しく、また流れるようなシルエットを描いている点であります。徳川家康により天下泰平になると商人の街で栄えた西の刀は様々な彫刻や装飾が施されているものも多くなるが、東の江戸は武士の街で古くから粋を好み無駄な装飾を嫌い切れ味がいい刀が好まれた。吉原義人氏もその伝統を受け継いでいるのが特徴です。

しかし、その中に計算された美しい光沢と一点の曇りもない透明さを感じさせるものがあり、切れ味の鋭さをうかがわせる明確な主張を感じることができるのがポイントとなっています。

東京都で日本刀売却したお客様の声

東京都練馬区 I様


日本刀を売りたいと考えて最初に利用したサービスでは、傷を理由に大幅に減額され、値段のつけ方について詳細を教えてもらうことができず、不信感をもってしまいました。
今回は刀剣買取王に依頼し、1本ずつ詳細な値段が分かって安心だったし、減額はあったもののほかのサービスより高額だったので、安心して売却できました。

東京都世田谷区 S様

祖父の家から出てきた日本刀の売却を考えていました。祖父もまさか本物だとは思っていなかったようですが、蔵で眠ったままになっていたので売却することにしました。
刀剣買取王に依頼しましたが、価値が分かっていない客に対しても誠実に対応してくれるので安心でした。
しかも、査定がスピーディーで良かったです。
日本刀について詳しくないから騙されるかもしれないと思っていたのですが、そういった心配が必要なかったことに安心しました。

東京都大田区 H様

自宅の倉庫を整理していたところ、多くの骨董品を発見し、その中に合った日本刀を売却しようと依頼しました。
自分の代では手入れを行っておらず放置していたのですが、意外に状態が良く、日本刀自体もそれなりの価値があるもので高額買取をしてもらえました。
二束三文にしかならないと思っていて、警察に任せて廃棄しようかと思っていたくらいなので、売却を選んで良かったです。

東京都江東区 M様

亡くなった祖父の家の蔵から大量の日本刀が出てきて、親族で話し合って売却を行うことにしたのですが、とにかく大量なので、査定が大変だと思っていました。
ですが、来ていただいた鑑定士さんは、とても手際よく査定をしていただけました。贋作もあったのですが、価値のある日本刀もあったので、最終的な値段は、予想していたより高い買取額でした。
あまりにも数が多いので鑑定依頼を行うことも大変でしたが、それでもお願いして良かったです。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます