岩手県で刀剣・日本刀の買取を頼むなら刀剣買取王

岩手県に関連する刀剣・日本刀の特徴

岩手県エリアの日本刀情報

岩手県は、歴史的に日本刀の源流の地とも言われる知る人ぞ知る名所です。平泉の中尊寺を始めとした歴史的建造物が多く残されています。一関市博物館には日本刀の歴史上最も古い鍛冶集団のひとつとされている舞草刀の在銘が展示されている。

岩手県の名刀

岩手県の名刀で知られる舞草鍛冶は、奥州陸奥国東盤井郡舞草村(現岩手県一関市舞草)に居住した刀工郡である。ただし、舞草と北上川を挟んで、対岸にある平泉の刀工も、舞草鍛冶に含める。義経記によれば、源義経の忠臣・佐藤忠信が、自尽に用いた刀は、「もうふさに誂へて」作らせたものだった。舞草鍛冶の代表工の一人・雄安は、源義家が奥州征伐の際、雄安・森房・鬼王丸らを連れて行ったところ、雄安は安倍貞任に奪われてしまったという。安倍氏のあと君臨していた藤原秀衝は、雄安の太刀を秘蔵していて、臨終のさい嫡男・国衝に譲ったという。舞草光長は3千本を作って、朝廷に献上したという。すると、刀工も多かったはずで、古剣書には、承平(931年)ごろの安房を祖として、雄安・森房・光長・森戸・有正・幡房・友長など、20数工をあげているが、現存するものは、単に「舞草」「望草」とだけ切ったものと「世草」など、極めて稀れである。なお、平泉の毛越寺・千手院伝来の灯台2基は、舞草森房の作と伝えられている。舞草の特徴は形状が鎬造、庵棟、腰反浅め、中鋒延びごころとなり、茎は特に長い。鍛えは大肌目肌立ち流れる。刃文は中直刃小沸つき、ところどころ匂口沈みごころとなる。

岩手県で日本刀売却したお客様の声

岩手県盛岡市 G様

本家が代々受け継いできた日本刀があったのですが、私も高齢になり、子供たちも
骨董品など古いものには興味がないため、処分を決めました。価値が全く分からず専門家に鑑定を依頼したところ高額査定が出ました。代々受け継がれてきたものを次の世代の方へ大切に受け継がれて行くことを願っています。

 

岩手県一関市 A様

日本刀など数点あったため、岩手県一関市まで出張買い取りで日本刀を売却したのですが、スタッフは驚くほど親切で最後まで責任を持って対応してくれたので色々と助かりました。
買取実績が豊富にある点が大きな魅力で依頼することにしたのですが、出張買取を行っていて家まで来てくれたので大変なことは何もありませんでした。
しっかりと査定をしてくれて納得の行く価格を提示してもらえたので直ぐに売却することにしたのですが、スタッフの方の細やかな気配りに目を見張りました。
ここまで私のことを考えて行動してくれるのかと少し驚いたのですが、気持ちよく日本刀を売却することができたので何も言うことはありませんでした。全てにおいて納得することができたのでとても感謝しています。

岩手県遠野市 F様

買い取りの依頼をしたスタッフの対応がとても良かったので助かりました。
日本刀を売却するのは初めてで分からないことが沢山あり不安に感じていたのですが、納得するまで丁寧に説明してくれたので心配することは何もありませんでした。
お店に行って見てもらうのは気が引けたのでこの点に関しても少し悩んでいたのですが、刀剣買取王では出張買取を行っていて家まで来てくれたので本当に有難かったです。
専門の人がしっかりと鑑定をしてくれて驚くほどの高値を付けてもらえたので少しびっくりしたのですが、そのおかげで大金を手に入れることができたので今回日本刀を売却して本当に良かったと思っています。わからないことばかりだったので本当に助かりましょた。

岩手県水沢市 A様

岩手県水沢市に住んで60年になるのですが、このたび自宅を建て替えるので不用品と必要なものの仕分けを行いました。納屋の奥は何年も確認しないでいたのですが、大掃除をするために納屋の奥に入ったら祖父が集めていた日本刀がたくさんあったのです。私は価値がまったく分からないのでどうせなら価値が分かる人に所有してもらいたいと思って日本刀の買取をお願いすることにしました。鑑定士の方の説明が分かりやすく、親切丁寧で人柄も良かったので売却することにしました。意外と高く売れたので新築祝いの足しにしたいです。大事にしてくれる人が見つかれば嬉しいです。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます