秋田県で刀剣・日本刀の買取を頼むなら刀剣買取王

秋田県における刀剣・日本刀の歴史・特徴

秋田県エリアの名刀や有名武将の紹介

東北には数多く有名な武将が存在していますが、秋田県の武将といえば戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した出羽国久保田藩初代藩主の佐竹義宣が有名です。

豊臣秀吉の元では「豊臣六大将」と呼ばれ、常陸国54万5000石余りを与えられていた。徳川家康に「律儀者(りちぎもの)」と高く評価されていた。

秋田県の名工として有名な人物は柴田果(柴田政太郎)です。柴田果は天才刀匠と知られ、古文献をあたり鎌倉時代の絶えてしまった鍛刀法を復活させている。現在、国指定の重要文化財に登録されている「小夜左文字」を所有していたことでも有名で、昭和19年の帝展に自分が作刀した作品を出品したところ左文字の作品に銘を切った盗作とまで云われるほど傑作を作り上げた。

秋田県には数多くの名刀が残されていた。刀 無銘 長義(八文字長義) “”など有名です。

秋田県の有名刀の紹介

八文字長義は備前国の長船長義の作刀した刀で、佐竹義重が北上氏政との戦いでこの刀で騎馬武者の頭に切り込むと兜もろとも相手が真っ二つに叩き割り、馬の左右に八の字に落下したことから「八文字長義」と号が付けられた。長さ78.4cm,反り1.95cm,元幅3.2cm,先幅2.65cmである。

秋田県で日本刀売却したお客様の声

秋田県秋田市 U様

大掃除のために放置していた倉庫の整理を行っていたところ、日本刀を発見しました。亡くなった父がコレクションのために購入したもので、形見として置いておくことも考えたのですが、刀に興味がある家族もいないため、それならば価値の分かる人の手にわたってほしいと思い査定を依頼することにしました。
価値を知らないので買い叩かれることを心配していたのですが、査定の結果、価値が分からない自分にもきちんと説明をしてくれ、適正価格で買い取りしていただけたことが嬉しかったです。

 

秋田県能代市 G様

父親のコレクションである日本刀が倉庫から出てきたのですが錆びや傷が目立つものばかりでした。家族と相談したところ、そのまま保管しておきたい人はおらず、処分するしかないと考えました。
調べてみると錆びや傷があっても買い取ってもらえることが分かり査定を依頼しました。値段はほぼつかないだろうと思っていたのですが、予想以上に高い査定額で驚きました。親戚の家にも状態が悪い日本刀があるので今後はそちらの査定もお願いしたいと思います。




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます