岩融(いわとおし)

岩融(いわとおし)

岩融(いわとおし)は、平安時代の山城国刀工・三条宗近の作刀した大薙刀。武蔵坊弁慶の愛刀と伝えられ、刃長は3尺5寸(約106.0cm)と長寸であった。
(参考文献:日本刀大百科事典 福永酔剣著より転載・引用・抜粋)




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます