来国行

来国行

来国行は、名門来派の作風を創案確立した事実上の祖であり、短刀の確実な遺例は寸延びて僅かに反りのついた島津家伝来の僅かに一口のみであるが、太刀の在銘作は比較的多い。国行の作には制作年紀を添えたものは皆無で、その子と伝える二字国俊に弘安元年があることから、通説の康元頃という年代は妥当とみられる。来国行作風の特徴は、形状が鎬造り、庵棟、猪首鋒が多い。細身と幅広の両方がある。

鍛えは、板目つみ、来一門中ではやや肌立つ。地沸つき、地景入り、沸映り立つ。刃文は、丁子、小乱れ交じり、小足・葉入り、小沸つく。棟焼のかかるものがある。

帽子は、乱れ込み先小丸、直ぐに先小丸。彫物は、好んで棒樋を掻き、茎中央で掻き流す。茎は、先栗尻、鑢目浅い勝手下がり、樋のあるものは目釘孔下平地にないものはやや棟に寄りごころに、大振り行体の二字銘を切る。

主な作品としては、国宝 太刀 銘 国行(明石国行)(刀剣博物館蔵)・重要文化財 太刀 銘 国行(小笠原家伝来)・重要文化財 太刀 銘 国行(小笠原家伝来)などが有名である。

(押形:国宝 太刀 銘 国行(明石国行)(刀剣博物館蔵)・名品刀絵図聚成 田野邉道宏著書より転載)
(参考文献:名品刀絵図聚成 田野邉道宏著書・古刀新刀刀工作風事典 深江泰正著書・重要刀剣図譜より転載・引用・抜粋)




刀剣買取に関するおすすめコラム

都道府県別の刀剣買取情報



刀工の作風
刀剣買取王が他の買取業者と違う8つのポイント

資料請求はこちら

こんな鑑定書が付いていたら高く売れます